はるな生活協同組合について

はるな生協のとりくみ【社保・平和】

社会保障、平和、脱原発の運動の先頭に!

写真1東日本大震災から2年以上が経過しましたが、地震・津波被害からの復旧、東京電力福島第一原子力発電所の過酷事故は未だ収束の目途が立っていません。はるな生協では、被災地支援募金や福島県内の医療福祉生協へ放射線量測定装置を送る運動、支援物資購入運動などを行ってきました。引き続き震災復旧への支援活動を行います。

はるな生協では様々な問題に対して署名運動の取り組みを行っています。2012年度に取り組んだ「高崎市の国保税を引き下げる」署名では市議会に請願を提出し、2013年3月の議会で国民健康保険税を引き下げるための条例改定案が全会一致で可決しました。今後も社会保障・平和について私たちの声を届けるためにも署名運動を行っていきます。

写真2

各自治体との懇談を開催し改善を求めています。高崎市とも懇談を実施しており、国保の広域化や国保税の引き下げなど医療・介護現場からの事例を取り上げながら行政に提案しました。懇談を毎年継続することで私たちの声を伝えることができます。

脱原発の各種集会・デモにも積極的に参加、及び学習会等を行います。2012年7月16日(月・祝)の「さようなら原発十万人集会」(代々木公園)には、はるな生協からは職員と組合員が一緒にこの歴史的な集会に参加したことは、とても意味のあることだと思います。

まだ書き足りない部分もありますが、今後も社会保障・平和を守る活動をみなさんと一緒につくりあげていこうと思います。

写真3